ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ドールズフロントライン(旧名:少女前線)に登場するH&K社によるHK416をモチーフにした戦術人形
キャラクターデザイナー:NIXOO
CV:野中藍
レアリティ: 5(LEGENDARY)
種別: AR(アサルトライフル)

キャラクター像

416


水色のぱっつんロングストレート、緑色の瞳に左目の下に涙のようなタトゥーがある。
※このタトゥーは「復讐」を意味する。
黒地の赤のラインが入ったドイツの特殊部隊「KSK」のベレー帽を被り、ドイツを象徴する鉄十字の髪留め、真っ白な肌が特徴的。
前開きの紫色のドイツ軍が着用する軍服の様なトップスと黒のチェック入りミニスカート、ニーソックスを着用。
トップスには赤十字らしきものとドイツ国旗がある。
胸の文字は「KommandoSpezialkräfte」直訳すると「特殊部隊コマンド」
装備品も動きやすく調整されている様で、腰には予備マガジン数本と軍用ナイフ、ヒップにはセカンダリーのハンドガン(種別不詳)を装備しており「特殊部隊に相応しい立ち絵」となっている。

センシティブな作品


衣装で分かり難いが中々のグラマラスな体型の持ち主であり、下着もスタンダードに可愛らしいものを着けている。
また携えているポーチの類には猫の刺繍が付いていたりする。


性格は非常に難解であるが徹底した完璧主義者。
・・・が、HK M4と呼ばれるとヒステリックを起こしたり、指揮官に対してややヤンデレ気味な面も。

所持銃はモチーフとなったHK416をベースにホロサイト・フォアグリップ・PEQ・サイレンサー・レイルカバー・フラッシュライトを装備しており、ストックはマグプル社製の物に換装されている、いずれもタンカラー。
ホロサイトの位置がかなり前に装着されており、他のアタッチメントもフロント寄りなためフロントヘビーなカスタムをしておりサバゲーマーやガンマニアを困惑させた。
実際ホロサイトを前寄りに装着した有志曰く「見やすい」らしい・・・。
尚、彼女の持つHK416は10.5インチのCQBモデルであるため再現する場合は注意されたし。


セカンダリーのハンドガンは現状判明してないが、同じH&K社の物と思われる。
有力な説は「USP コンパクト」「HK45C」


ちなみに彼女は「酒豪」か「酒癖が悪い」「酔うと手がつけられなくなる」ないしは「そもそもお酒に弱い」のではないか?と言われている。後にヴァルハラコラボで本当に酒癖が悪かったことが判明している。
この様な解釈の元となったのは家具に「DO NOT Sell Liquor To HK416!」(直訳すると「HK416に酒を売ってはいけません!」)と書いてあったことから。
※☆3家具の「コンビニ」を参照。

センシティブな作品



また、ヴァルハラコラボで同じ日に同じ出荷ゲートから出てきた妹がいることが判明。
416が404小隊に配属されたため妹の記憶は消されたが、416の方の記憶は消されていないので「ムカつくが頭の出来のいい妹」として陰ながら見守っているようだ。

ゲーム内では

404小隊


謎の多い404小隊の1人、404小隊の苦労人。

自分のことを最も優秀な戦術人形だと思っておりプライドが高い、過酷な任務に送られがちな404小隊と比べてサポート環境に恵まれているAR小隊に対する羨望と嫉妬が著しく、特に「M16A1」とは404小隊結成前より因縁が有り噛み付くシーンが多い。(一応416側から見ても異母兄弟にあたるのだが・・・)
しかし自分の立場は理解している様で任務や作戦指示には忠実にこなし、戦闘力は小隊内ではかなりの実力者である。

そんな416だが実は404小隊の苦労人、ボケ担当であるUMP9に激しく突っ込んだり、寝ぼすけなG11を叩き起こしたり引きずり回したり、起きなければケリを入れる事も。

小隊長であるUMP45とは「悪友」の様な関係であるが”一応は”信頼はしている、但し裏でコソコソされるのは気に食わない様子。

ゲーム内での入手は特定のレシピ建造及び後半の戦役ドロップにて入手が可能であり、最高レアリティである☆5のアサルトライフル種では比較的出やすい。
表記は「416」のみでHKとは付かない点には留意されたい。

スキン:星の繭

HK416



一周年記念のスキンガチャにて実装された、Live2Dのスキン。
スキンストーリーでは内密にドレスを新調し、会場では来場客を圧倒させた。
(ドン引きさせたとも言う)

幼女スキン

HK416



本国版では幼女スキンが実装された。こちらもLive2D
戦闘においてスキル発動時に立ち絵で持っている黒猫が巨大化して攻撃する。

性能

HK416


AR内では最高峰の榴弾型アタッカー、攻撃に極振りした正に殺意の塊である。
スキル:殺傷榴弾では最大レベルで驚異の15倍の威力を持ち合わせており、この数値はM4 SOPMOD Ⅱの改造(未実装)でしか辿り着かない数値となっている。
陣形バフは前方1マスだけと狭いが、火力40%という驚異のバフ効果を与えることが出来る、手榴弾や自己火力バフ持ちSMGと相性が良い。

また彼女へのバフもかなり自由で、自前で命中は高いので射速を上げ持続火力を上げても良し火力を上げ榴弾の威力を上げても良い。

MOD(改造)について


本国版では新イベントに先駆け、HK416のMOD(改造)を発表した。
なんと初の☆6

→HK416 MODⅢ

実銃

ドイツの実銃メーカー「ヘッケラー&コッホ」(略称:H&K)が開発したアサルトライフル。
「エンハンスド・カービン」とも呼ばれる。
開発経緯は米軍より「M4A1」に代わるカービンライフルの設計を依頼され開発されたのが本銃である。
しかし当初の名称が「HK M4」であったためにコルト社と名称で揉めたり、また結局「M4A1」で事足り、開発したは良いが高価であったためにで大規模採用されずしばらくは影に隠れた存在だったが、米軍特殊部隊「Navy SEALs Team6」後に「DEVGUL」と呼ばれる部隊が作戦時に姉妹銃である「HK417」と共に運用されていることが海外ミリタリーサイトで話題になり一躍有名となる。

現在ではノルウェー軍が制式採用しており、ドイツ連邦軍でも改良型のHK416A5を公式に採用、現在では「G38」の名称を得ている。

ちなみに発注国である米国では「第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊」通称「デルタ・フォース」が真っ先に導入したと言われており現在は「HK416 デルタカスタム」として運用もされている。

HK416



また他の国家の特殊部隊でも採用されており、「特殊部隊が持つプライマリ=HK416」と言われるまでになっている。


余談

公式担当絵師であるnixoo氏のWeiboにて個人で描かれたイラストの中にあるHK416に似た学生服のキャラクターはオリジナルであり実はHK416ではない。
当時Weiboで流行した「名前を打つとキャラが生成されるサイト」で作成された内容があまりにもHK416と丸かぶりであったため、「確かに自分の娘だ・・・」となって描いたイラストである。
参考リンク
本イラストリンク


モチーフとなった「HK416」はトイガンとして発売されており国内では「東京マルイ」が「HK416D」名義(「D」の意味は「Defense」公的機関モデルとしてH&K社のアメリカ現地子会社であるHeckler and Koch Defense USA社により生産、販売・納入されているものに付けられている名称)で発売されていたり、他にもH&K社公式ライセンス(あくまでコピーだが)を持った海外製品が発売されている。
海外製のモデルは中々出回らないが、リアリティを求めたり参考資料にしたり、コスプレイヤーとして追求して持ちたい場合は要チェックだ。
またトイガンと言った「弾を発射出来る機構がある銃の持ち込みが禁止」の場合でも本キャラクターが使用するモックアップモデルも登場している。

4月16日には指揮官宛に彼女からメールが届くというちょっとしたイベントがあった。メールの内容は大陸版と日本版で異なり、日本版では残業中の指揮官を心配してくれている(そしてちょっとしたお菓子のプレゼントがある)のだが、先行している大陸版ではヤンデレ気質が見え隠れする怪文書が届いたのだとか…(もらえるものは各資源416)

416のこの性格は韓国版のローカライズ時に生じたらしく、元々は自他いずれにも厳しいエリートという性格がイメージされていたそう。しかし韓国語へのローカライズが行われる際、担当者がセリフをヤンデレ気質に翻訳してしまったことがきっかけで、韓国版で416はヤンデレ気質になってしまった。これだけなら単なるニュアンスの不一致で済んだのだが、このキャラクター性を見た中国の開発陣は逆に「これもアリ」と判断し416にヤンデレ属性を追加。野中藍氏による声が当てられる際にそのキャラクター像が強められ…結果、現在の偏執的でヤンデレ気質の激情家、そして404のオカンという独特のキャラクターが出来上がったのだとか。

関連イラスト

HK416
センシティブな作品





別名・表記ゆれ

HK416
HK416D
HKM4

関連タグ

404小隊

関連記事

親記事

404小隊 よんまるよんしょうたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「HK416(ドールズフロントライン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11080114

コメント