ピクシブ百科事典

ドーラアルゴス

どーらあるごす

ドーラアルゴスとは『恐竜戦隊ジュウレンジャー』に登場するドーラモンスターである。
目次[非表示]

「私は何処かの目が何時も目覚めております。眠る事を知らないこの百目のアルゴスに、何なりと申し付けあれ」
CV:徳丸完

概要

プリプリカンが作り上げたドーラモンスター
まるで全身に目玉の付いたの様な外見をしており、蛙の口に当たる部分からは巨大な赤い目を覗かせているが、この赤い目玉こそ本体である。

目玉がトレードマークだけにその能力も目玉に因んだ物で、本体の巨大な目玉を飛ばし、その目玉からの光線で人間を目の中に封じ込めてしまう。目の中は幻覚の世界となっており、幽閉された者はアルゴスの見せる幻覚に苛まれる事となる。
加えて全身に付いた目玉も周囲を監視する事が可能で、至る所から光線を放つ為に死角が存在しない。そして本体の巨大な目玉が無事ならば何度でも再生出来る等、一筋縄では行かない難攻不落の強敵である。

活躍

無数の目玉が一体化すると同時に魔女バンドーラの目の前に上記の台詞と共に姿を現す。
バンドーラから「ドーラアルゴス。すぐに地球に行き、私の嫌いな子どもたちを痛め付けるのよ!それから、トットパットに協力して、たっぷり血を吸わせておやり!」と命じられたのを受け、今まで1度も血を吸った事のないトットパットの手助けをすべく、警察官の父親を持つ少女のミチを自身の目玉の1つで森へと誘導。本体の目玉で異空間に転送し、上述の能力で「父親が吸血鬼」という幻覚を見せて茫然となった所へとトットパットに彼女の血を吸わせようとした。
だが、其処へサイドザウラー2に乗ったボーイメイが現れたので、トットパットは止む無く撤退する。

その後、トットパットの指示で再び自身の目玉にミチを吸い込むが、彼女と一緒にダンも異空間に入ってしまう。
異空間に響く女性の悲鳴を聞き付けて、向かった先で2人はミチの父親に似た吸血鬼と遭遇。ミチが逃げ出す中、襲い掛かる吸血鬼をダンが投げ飛ばすと、吸血鬼はマントを捨てて無数の目玉になった。

すかさずランスで目玉に攻撃した事でダンは異空間を脱出し、森の奥にワープ。
だが、其処にあった目玉に攻撃されて今度は荒野に飛ばされ、その場に現れたドーラアルゴスとトットパットから一連の吸血鬼騒ぎが自分達の仕業だと告げられる。
やがてゲキ達残りの4人が駆け付けて来た所へ両者は言う。

トットパット「ジュウレンジャー、よく聞け!あの子はドーラアルゴスが作り出した幻覚の世界に囚われている。父親が吸血鬼だと信じて苦しんでいる!」

ドーラアルゴス「やがて、子どもは親を信じられなくなり、親子の絆はズタズタになる!」

トットパットの欲求を満たす為だけに関係の無い親子の絆を引き裂こうとする2体に対し、「ミッちゃんを助けるためには、ドーラモンスターを倒すしかない!行くぞ!」と言うダンの言葉と共に5人はダイノバックラージュウレンジャーに変身して立ち向かう。

だが、ドーラアルゴスは全身に付いた目で5人の動きを把握し、目玉を飛ばして死角の無い攻撃を展開。伝説の武器を合体させてのハウリングキャノンを撃ち込まれてもすぐに元通りに再生してしまう。そして再度目玉を飛ばして攻撃し、5人を坂に転げ落とす。
弱点が分からず埒の明かないジュウレンジャーだったが、トリケラレンジャーが自分を吸い込んだ目玉の事を思い出し、それがドーラアルゴスの本体だと見抜く。
「俺の目からはどこへも逃げられん!」と言って尚も襲って来るドーラアルゴスだが、トリケラレンジャーはティラノレンジャー達4人に相手を任せ、自分とミチを吸い込んだ目玉の所へ急行。ミチの血を吸おうとしていたトットパットを撃退し、トリケランスで自分とミチを吸い込んだ本体の目玉を突き刺した為、ドーラアルゴスのボディは大ダメージを受ける。

するとバンドーラはドーラセプターを地球に投げ、大地に眠る悪霊の力でドーラアルゴスを巨大化させた。目玉から光線を出して攻撃するドーラアルゴスに対し、5人はそれぞれの守護獣を召喚しダイノタンカーに変形合体させて応戦する。
獣戦車キャノンを放つダイノタンカーだが、負けじとドーラアルゴスが目玉から光線を出して反撃して来た為、ティラノレンジャーの合図と共に、ダイノタンカーは今度は大獣神に変形。
大獣神から恐竜剣ゴッドホーンでバラバラにされるドーラアルゴスだったが、等身大時と変わらない再生能力で直ぐに復活すると言う無敵の防御力を見せ付ける。
然し、トリケラレンジャーの「目だ!あの巨大な目を狙うんだ!」と指示した為、それを受けて大獣神の繰り出した超伝説雷光斬りで本体の目玉を喰らった事で再生出来ぬまま今度こそ爆散した。

余談

モチーフはギリシャ神話に登場する巨人のアルゴス目玉

声を演じた徳丸氏はグリフォーザードーラアンタイオスの声も担当している。
それ以前にも徳丸氏は『超獣戦隊ライブマン』のデンソーヅノーを始めとした頭脳獣以来、スーパー戦隊シリーズにおいて数多くの戦隊怪人の声を演じて来たが、2011年3月に亡くなった為、今作が特撮作品において最後の出演となった。

関連タグ

恐竜戦隊ジュウレンジャー バンドーラ一味 ドーラモンスター
アルゴス

ドドメキマイナソー恐竜スーパー戦隊第4作目『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に登場する眼球繋がりの怪人。こちらも全身の目玉によって死角の無い戦いを展開する。

関連記事

親記事

ドーラモンスター どーらもんすたー

兄弟記事

コメント